先輩の声

宝石油機工には、現在70名の社員が働いています。ほとんどは宝石油機工の仕事を現場で支える社員。近隣の高校・大学から、そして自衛隊から入社した社員たちのメッセージの中から、宝石油機工の真実の姿が見えてくるはずです。

今井 聡 (工事検査課)

2008年入社 防衛省自衛隊出身
担当業務: 工事現場の監督
私と宝石油機工

5年経って、入社した時よりお客様に作業内容の組立て等を自信を持って提案できるようになりました。今までの経験を活かしたお客様への現場説明や対話で、自分の力が発揮できて、なおかつ仕事がうまくいった時にはすごくやりがいを感じます。
あたりまえのことをあたりまえに続けられることの大切さを認識して「継続することが力となる!」をモットーに、5年後は更油(油の入換え)装置を増やして、仕事を充実させたい!

就職活動中の皆さんへ

宝石油機工は、良い意見も耳の痛い意見もしっかり受け止めてくれる、風通しの良い会社です。初めはわからないことだらけで厳しい道でも、自分のスキルがどんどんUPしてどんな困難にも負けない強い心を持てるようになりますから、ぜひ一緒に働きましょう!

 

酒井 英次郎(資材管理課)

2009年入社 化学工業科卒
担当業務: 脱水スカム処理設備のオペレーター、 主に再生燃料の原料と製品の分析
私と宝石油機工

オペレーターとしてはスカムの中にある水分の除去、鉄鋼プラントから出る副産物などの成分分析を行なっていますが、幅広い分野の仕事に取り組めます。入社した時より肉体面・精神面ともにたくましくなったので「5年後はエネルギー資源課の中でリーダーになる!!」と決めています。
なにしろ座右の銘が「何事もポジティブに考える」ですから。

就職活動中の皆さんへ

宝石油機工では、若手からベテランまで全員が元気に仕事をしています。社会に出ても自分の好きなことに元気いっぱい、一生懸命取り組むことが必要になるので、学生の時からそこを頑張って磨いて、ぜひ宝石油機工に来て欲しいです。

 

家田 芳和 (資材管理課)

2009年入社 教育学部卒
担当業務: 鉄鋼プラント廃棄物の資源活用の推進
私と宝石油機工

鉄鋼プラントからの発生物をあらゆる角度から検討して、廃棄物の資源としての活用を推進する仕事をしています。これは、企業の経営にとって重要なコスト削減に目に見える形で取り組めること、限りある資源を最大限活用することで社会貢献ができるので、この成果が自分のやりがいになっています。
入社してからはすっかり「知りたがり屋」です。一般社員は上司の指示で動くのが当然ですが、全てを教えてはくれません。だからわからないことは、とにかく「聞く」「調べる」。そうやって補強して仕事の全貌を理解しないと思いもよらない弊害が起きますから。そんな風に考える自分の座右の銘は「全てを疑え」。全てに対して「何故」と5回問いかけて考えることで、物事の本質がみえてくるんです。
5年後は業務の隅々まで精通して、わからないことはない「バリバリの中堅社員」。そして後輩、部下から頼られ、慕われるような漢(おとこ)になりたい。

就職活動中の皆さんへ

宝石油機工は、社員の仲も風通しも良く、上司も話をよく聞いてくれますが、仕事に対して厳しい面もあってメリハリのある会社です。就職は一生を決定する重大なこと。完全に納得して会社や仕事を選んで下さい。その上でここで一緒に働けることを心待ちにしています。まぁー、ここらで一休憩。コーヒーでも飲んで就職活動、ファイト!

 

岡田 諒 (工事検査課)

2007年入社 普通科卒
担当業務:油圧作動油メンテナンス 作業指揮者
私と宝石油機工

高校卒業して入社後、油脂管理業務に携わった後、工事検査課に配属になり現在は現場の作業指揮者をしています。
工事検査課は特殊清掃・潤滑管理、非破壊検査など多種多様な作業があるのですが、私は主に減速機や軸受などの油の入替作業をしています。この作業は一歩間違えれば設備トラブルを招き、お客様に多大なご迷惑をかけてしまう為、作業は真剣そのものです。それでもお客様からの「ご苦労様」の声を聞くのがうれしくて、作業クルーがしっかりとした仕事ができる様に心掛けています。

就職活動中の皆さんへ

宝石油機工では、仕事の段取りを自分で考えてクルーへ作業指示をします。
作業は、お客様と直接話をしながら進めていきますが、補給前の清掃具合を確認してもらうときに「きれいだね。オッケイ、油補給していいよ」と言ってもらえます。この時の「きれいだね」と一言をもらえると「仕事してよかった」と感じます。
毎日を「よかった」と思えるように…、一緒に仕事をしましょう。

 

村田 英二 (工事検査課)

2009年入社 防衛省自衛隊出身
担当業務:油圧作動油メンテナンス 作業指揮者
私と宝石油機工

私は、各工場から出る廃油を回収し、油圧タンク内の清掃をする仕事をしています。油圧タンクの清掃は微細なゴミが残留すると設備トラブルの原因となるため細心の注意を払い洗浄し、安定した設備の維持ができるよう努力をしています。その際にタンク内のきれいな仕上がりを見た時のお客様の喜びの声に、ものすごいやりがいを感じています。
入社して時間が経ちましたが自分自身まだまだ学ばなければならないことばかりです。日々前進して、お客様から信頼して仕事を任せてもらえるようになりたいと思っています。

就職活動中の皆さんへ

宝石油機工は、作業内容は体力的に大変ですが、その分作業を終えた時の達成感はとてもいい気分になります。また良き先輩たちがいろいろと指導してくれますので、自分の技術が日々上がっていくことが実感できるやりがいのある職場です。一緒に働きましょう!

 

岩下 明宏 (工事検査課)

2012年入社 普通科卒
担当業務:高圧洗浄車による産業用設備洗浄
私と宝石油機工

高圧洗浄はとても過酷で日々体力とやる気の勝負です。
初めて高圧洗浄を始めた頃は、やる気はあったものの、体力がついていきませんでした。それでも一生懸命洗浄し、きれいに仕上がった設備を見たお客様に「ありがとう」と言ってもらえる喜びの一言が高圧洗浄のやりがいを教えてくれました。今の目標では、一日でも早く高圧洗浄のプロフェショナルになるために、日々努力し、キツイ現場でも目標があるからこそPRIDEをもって作業に取り組んでいます。

就職活動中の皆さんへ

宝石油機工は、一人一人の能力を伸ばし仕事の楽しさを教えてくれる会社です。現場などは本当にきつくて体力的にも辛いと思います。でもこれを乗り越えると、あぁ-仕事ってこんなに楽しいのか!って思える日が必ず来ます。
何事にも積極的に明るく元気で素直に取り組むことが大事なので、是非、一緒に頑張って目標に向かって働きましょう!!